このサイトについて

このサイトでは、大東文化大学准教授の山口謠司が、毎回「これは!」と思う本を音声で紹介していきます。
その他の本紹介はこちらから

山口謠司(やまぐちようじ)

1963(昭和38)年、長崎県佐世保市に生まれる。 現在、大東文化大学文学部中国学科准教授。中国山東大学客員教授。博士(中国学)。長崎県立佐世保北高等学校、大東文化大学文学部卒業後、同大学院、フランス国立高等研究院人文科学研究所大学院に学ぶ。ケンブリッジ大学東洋学部共同研究員などを経て、現職。中国山東大学国際漢学研究センター「全世界漢籍総合目録プロジェクト」日本代表。専門は、文献学、書誌学、日本語史など。また、イラストレーター、書家としても活動。
このサイトでは、大東文化大学准教授の山口謠司が、毎回「これは!」と思う本を音声で紹介していきます。
■山口謠司 plus LAUNCH BOOKS RADIO
その他の本紹介はこちらから

山口謠司のプロフィールはこちらから
2019.10.31 Update

今週は週2回更新でお届けします♪
手帳術「バレットジャーナル」特集2回目!

人間の脳が一番エネルギーを消費するのは、「何をしよう?」と考える時だという論文があります。
脳が疲れると作業効率も下がり、一日の充実度にも影響が…
そこで、決まったルーティーンを作る事で脳が余計な疲弊をするのを防ぎましょう。

そして思考の整理をするための具体的な手順。まずは手帳に3本の線を引き、「今取り組んでいる事」「やらなければならない事」「やりたい事」を書きましょう!

さらに「バレットジャーナル」の様々な実践術についても語ります!

手帳の書き方を工夫する事で、毎日が楽しく充実する一歩になるかもしれません―
是非お聴きください!

■「バレットジャーナル 人生を変えるノート術」(ダイヤモンド社)ライダー・キャロル 著/栗木さつき 訳

■「ロイヒトトゥルム」(平和堂内紹介ページ)

■「ロイヒトトゥルム1917ではじめる箇条書き手帳術」(実務教育出版)平和堂 監修

次回更新は11/4(月)予定。お楽しみに!

山口先生がいつも使っている「ロイヒトトゥルム」のカラフルな手帳たち。ジャンルごとに色分けも出来て便利です。
山口先生がいつも使っている「ロイヒトトゥルム」のカラフルな手帳たち。ジャンルごとに色分けも出来て便利です。


【予告】スケジュール管理の極意がこの本に!
リスト