このサイトについて

このサイトでは、大東文化大学准教授の山口謠司が、毎回「これは!」と思う本を音声で紹介していきます。
その他の本紹介はこちらから

山口謠司(やまぐちようじ)

1963(昭和38)年、長崎県佐世保市に生まれる。 現在、大東文化大学文学部中国学科准教授。中国山東大学客員教授。博士(中国学)。長崎県立佐世保北高等学校、大東文化大学文学部卒業後、同大学院、フランス国立高等研究院人文科学研究所大学院に学ぶ。ケンブリッジ大学東洋学部共同研究員などを経て、現職。中国山東大学国際漢学研究センター「全世界漢籍総合目録プロジェクト」日本代表。専門は、文献学、書誌学、日本語史など。また、イラストレーター、書家としても活動。
このサイトでは、大東文化大学准教授の山口謠司が、毎回「これは!」と思う本を音声で紹介していきます。
■山口謠司 plus LAUNCH BOOKS RADIO
その他の本紹介はこちらから

山口謠司のプロフィールはこちらから
2019.10.21 Update

「流行語カタログ」特集好評3週目!

今週は大正~昭和の流行語について語ります。

明治が文明開化の時代なら、大正は文化の時代。
政府主導ではない民衆の力で文化を作ろうという機運が高まった時代でした。流行語で言えば、「カフェ」「ミルクホール」そして関東大震災を受け「復興」など。
そして昭和は何といっても「モダン」。「モガ」「モボ」、「バックシャン」なんて言葉もこの時代。
戦後で言えば「OL」「サラリーマン」という和製英語は今やすっかり浸透しましたね。

さて、今年の流行語は何になるでしょう?
「令和」は候補に入ってくるとして…、「ラグビー」?「タピオカ」?
皆さんも今年を振り返り、予想してみてはいかがでしょうか?
是非お聴きください!

■「流行語カタログ」(秦流社)山田俊幸 横田章 岩切信一郎
(国立図書館データベース)


次回更新は10/28(月)予定。お楽しみに!

古いながらもとても面白い本!明治から昭和までの流行語が解説と共に網羅されています。
古いながらもとても面白い本!明治から昭和までの流行語が解説と共に網羅されています。


【予告】おととしの流行語・・・すぐに答えられます?
新しいエントリー
リスト
以前のエントリー