このサイトについて

このサイトでは、大東文化大学准教授の山口謠司が、毎回「これは!」と思う本を音声で紹介していきます。
その他の本紹介はこちらから

山口謠司(やまぐちようじ)

1963(昭和38)年、長崎県佐世保市に生まれる。 現在、大東文化大学文学部中国学科准教授。中国山東大学客員教授。博士(中国学)。長崎県立佐世保北高等学校、大東文化大学文学部卒業後、同大学院、フランス国立高等研究院人文科学研究所大学院に学ぶ。ケンブリッジ大学東洋学部共同研究員などを経て、現職。中国山東大学国際漢学研究センター「全世界漢籍総合目録プロジェクト」日本代表。専門は、文献学、書誌学、日本語史など。また、イラストレーター、書家としても活動。
このサイトでは、大東文化大学准教授の山口謠司が、毎回「これは!」と思う本を音声で紹介していきます。
■山口謠司 plus LAUNCH BOOKS RADIO
その他の本紹介はこちらから

山口謠司のプロフィールはこちらから
2019.8.19 Update

好評更新中!芥川賞特集も3週目です。
今週はいよいよ「選考」について語ります!

選考場所は築地の料亭。
〇、△、×で投票。
発表は帝国ホテル…など、
決まったシチュエーションとルールの元で選ばれる芥川賞。

その受賞作は一体どのような基準で選ばれるのでしょうか?

勿論、選考過程そのものは完全なるブラックボックス。審査員以外に知るすべはありません。
とは言え、いつの時代も創設者・菊池寛が提唱した「審査は絶対に公平に」のモットーの元、あくまでも受賞の『傾向』は存在します。

では、一体どのような作品が好まれるのでしょうか?

#菊池寛, #中村光夫, #大江健三郎, #飼育, #安部公房, #壁 - S・カルマ氏の犯罪

■「芥川賞の謎を解く全選評完全読破」鵜飼哲夫

■「芥川賞の偏差値」小谷野 敦

■「芥川賞物語」川口則弘



【予告】芥川賞のギモンにお答えいたします!
新しいエントリー
リスト
以前のエントリー