このサイトについて

このサイトでは、大東文化大学准教授の山口謠司が、毎回「これは!」と思う本を音声で紹介していきます。
その他の本紹介はこちらから

山口謠司(やまぐちようじ)

1963(昭和38)年、長崎県佐世保市に生まれる。 現在、大東文化大学文学部中国学科准教授。中国山東大学客員教授。博士(中国学)。長崎県立佐世保北高等学校、大東文化大学文学部卒業後、同大学院、フランス国立高等研究院人文科学研究所大学院に学ぶ。ケンブリッジ大学東洋学部共同研究員などを経て、現職。中国山東大学国際漢学研究センター「全世界漢籍総合目録プロジェクト」日本代表。専門は、文献学、書誌学、日本語史など。また、イラストレーター、書家としても活動。
このサイトでは、大東文化大学准教授の山口謠司が、毎回「これは!」と思う本を音声で紹介していきます。
■山口謠司 plus LAUNCH BOOKS RADIO
その他の本紹介はこちらから

山口謠司のプロフィールはこちらから
2019.12.16 Update

「アイドル、やめました。AKB48のセカンドキャリア」
特集もついに7週目!

季節はすっかり冬ですが、収録した時は芸術の秋、文学の秋真っ盛りだったのです…というわけで、今週はやまぐちようじ流プレバト…!?大木さんも大好きだという「俳句」回をお届け♪

五七五からなる俳句。何だか難しいと思っている人に、そもそも俳句とはどのようなしくみなのか?を解説していきます。
元々は「連歌」と言って、最初の人が読んだ歌に次の人がまた歌を繋げていくというしくみでした。そしてその際には「似たものを繋げてはいけない」というルールがありました。まるで連想ゲームのように…つまり、大切なのは連想力!
また、「五七」と「七五」では人に与える印象が違うという話、和歌と俳句の違いとは?という話など、盛りだくさんでお送りします。是非お聴きください!


■「アイドル、やめました。AKB48のセカンドキャリア」大木 亜希子
■「人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした」大木 亜希子

☆次回更新は12/20(金)山口先生の朗読企画です!

☆次回 大木亜希子さん回のpart.8更新は12/23(月)予定。
お楽しみに!

たっぷりお話をお聞きしました。大木さん、楽しい時間をありがとうございました!
たっぷりお話をお聞きしました。大木さん、楽しい時間をありがとうございました!


【予告】女優・ライターの大木亜希子さんとセカンドキャリアを考える!
新しいエントリー
リスト
以前のエントリー