このサイトについて

このサイトでは、大東文化大学准教授の山口謠司が、毎回「これは!」と思う本を音声で紹介していきます。
その他の本紹介はこちらから

山口謠司(やまぐちようじ)

1963(昭和38)年、長崎県佐世保市に生まれる。 現在、大東文化大学文学部中国学科准教授。中国山東大学客員教授。博士(中国学)。長崎県立佐世保北高等学校、大東文化大学文学部卒業後、同大学院、フランス国立高等研究院人文科学研究所大学院に学ぶ。ケンブリッジ大学東洋学部共同研究員などを経て、現職。中国山東大学国際漢学研究センター「全世界漢籍総合目録プロジェクト」日本代表。専門は、文献学、書誌学、日本語史など。また、イラストレーター、書家としても活動。
このサイトでは、大東文化大学准教授の山口謠司が、毎回「これは!」と思う本を音声で紹介していきます。
■山口謠司 plus LAUNCH BOOKS RADIO
その他の本紹介はこちらから

山口謠司のプロフィールはこちらから
2020.1.3 Update

あけましておめでとうございます!本年もLBRをよろしくお願いいたします!

新年一冊目は、まさに新しい時代の夜明けにふさわしい…松浦玲 著「勝海舟」です。

「国家の大事に逢へばまだやるさ」――
幕末・明治と激動の時代を生き抜いた勝海舟という人物の全てを757ページにわたって書き尽くした傑作です。日本という国の在り方、日本人という国民意識が形成されていく中で、勝海舟はどのような役割を果たしたのか?長編ながら大変面白くどんどん読んでしまいます。

今回はその中から日清戦争に反対した勝海舟の言葉をご紹介。勝の飾り気のない実直な言葉が響きます。是非お聴きください!

■勝海舟 | 松浦玲

☆次回朗読企画は新年1/10(金)更新予定!

☆「アイドル、やめました。AKB48のセカンドキャリア Part.10」は1/6(月)更新予定!



新しいエントリー
リスト
以前のエントリー