HOW TO マッチングアプリ①

酒の席で「好きってなんですかね?」と問うやばめの30歳独身、竹原です。

どうですか?恋してます?

人が興味を持つ話題とは何か。やはりいつの時代も<恋愛>は外せませんよね。
その時その時の手段で仲を深めていく二人。千年前は御簾越しの恋。文をやり取りし男性の訪れを待つのみの女性。そこから生まれた極上の物語もあるわけですが……。(ちなみに私が好きな和歌は「君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな by藤原義孝」です)

世は令和。5Gが間もなくというこの時代での恋愛の仕方について、自分の経験を踏まえて語りたいと思います。

◎マッチングアプリから始まる恋愛

出ましたマッチングアプリ。

苦手意識がある方も多いかと思います。
が、使い方によっては良い代物だという事を今回はお伝えしたい。
※※あくまで個人の見解です。

そもそも私がこのアプリに手を出したのは5年半付き合った男と別れ、友達の紹介で出会った男性とも縁がなく、にっちもさっちもいかなくなった27歳の時。「こんな私でもネットで婚活してゴールイン!」的なエッセイ漫画を読んで「これだ!!!!」と思い、その1時間後には無料のアプリを登録していました。

恋がしたいというよりも、支え合えるパートナーが欲しいという気持ちの私にはうってつけだったと実感しています。

とはいえ「本当に出会えるの?」そう思われると思いますが・・・

私がマッチングアプリを利用して、実際に会ったのは4人。そこから交際に発展したのは3人

我ながらなかなかの勝率ではないでしょうか!?
まあ、結果的に別れているので全敗とも言えます!いえーい!

▼良い点

・互いにパートナーを探しているという大前提がある
普通に生活をしていたら、もしちょっと良いなと思う人がいたとしても「独身か?」「恋人はいるか?」「恋人を作る気持ちはあるか?」「こっちから誘ったら引かれるか?」「失敗した時に何か支障が出るか?」そんな心配事をしなくて良いんです!私はこれが魅力的だなと思いました。非常に効率的。

・スキマ時間で簡単に出会えちゃう
「仕事をしているとなかなか時間が作れない」というそこのラジオ制作スタッフのアナタ。移動時間の5分、いや1分で出会う事が出来ます。ささっと1タップ。

出会える人の多さ
自分のコミュニティで出会える人以上に多くの人がそこにはいます。
私が使用しているPairs(ペアーズ)なんかは、累計会員数が1,000万人を突破。(これまでにPairsに報告があっただけでも20万人以上が恋人と出会い、そのうち約60%が入籍・結婚の予定があるとかなんとか)

▼悪い点

・真剣交際が目的ではなく、悪意のある人間もいる
「出会いたい」という意志表示をしている事で、違う目的を持った人が寄ってくる可能性を常に考えておきましょう。アプリ越しにいる人間をきちんと想像すること、大事だと思います。(怪しい人はプロフィールから察して拒否)

・スキマ時間で簡単に出会えちゃう
簡単に出会えるからこそ選り好みを始めるパターン!

出会える人の多さ
多いからこそ選り好みを始めるパターン!

どんな事も良いことと悪いことは表裏一体。自分の身は自分で守る事も考えて。

 

さあ、お世辞にも可愛い顔でもタイプでもない私がどのようにして交際にまで発展したのか。自分なりに分析した結果をまとめてみました。

・自分の写真は美化しすぎない(複数載せる)
どうせ会うのに盛った写真を載せても意味なし。むしろ逆ギャップでNG。角度や雰囲気の違いが分かるものを何枚か載せる。Amazonでも商品写真が少ないと買うのためらいません?画質悪くても嫌だし。

プロフィールは詳しく、かつ自分らしさを出す
上でも書きましたが、自分を商品だと思ってどんな魅力があるかさりげなくでも確かに伝えるというのは大事ではないでしょうか。

・やり取りをめんどくさがらない
これ大事。会ったことない人とのメッセージのやり取りって結構大変です。雰囲気も分からないし話題も悩むし。これはもう日々のタスクに組み込んじゃう。仕事のメールと同じです。返信スピードは速い方が良し。

・「いいね!」の少ない人を狙う
多くの人からいいねをされている人は、それだけ多くの女性をチェックしています。敵多すぎ。あと、いいね多すぎ君は条件良すぎる人なんです。イケメンで高身長高学歴高収入(年収1千万クラス)+僕付き合った人に一途です。……いや、怪しいわ!!そんな人がアプリで女探すって相当性格に難あり、人望ない人なんじゃないのって思っちゃうんですよね。THE 偏見。
少ない人は1人1人のいいねをじっくり確認しているはず。響くはず。

・プロフィールをしっかり読み込む
年齢、身長、年収、出身地、兄弟構成、最終学歴から趣味まで。多くの情報がのっているのがPairs。(勿論書かなくてもOK。ただし書いて無い人はモテない)そういった会話の糸口となるものはきちんとチェック!

・相手に興味があるという意志表示
結局は、ちゃんと相手を見ているかがポイントだと私は思います。
ただし最初から深掘りしすぎると引かれる気もするので、良い塩梅で。

誠意をもって対応する事が何事も大事だよなと感じています。
ともすれば画面の向こう側に”人”がいる事を忘れがちな昨今。
相手を思う気持ちが自分に返ってくると信じています。

 

さーて次回は、私がアプリで遭遇する「いや、それどうなの?」な案件について語りたいと思います!よろしくお願いします。

HOW TO 街頭インタビュー

竹原です。

EAUという会社は、主にラジオ番組の制作をしています。
どんな番組があるかは是非、コチラをご覧ください!

さて、番組作りの中で色々な作業があるのですが、
今回は<街頭インタビュー>についてのお話。

街頭インタビューとは

テレビでもよくありますよね。
街にいる人に声をかけて特定のテーマについて語って貰うもの。
世間の意見として、スタジオ内だけでなく外の雰囲気を入れ
その時に取り上げるテーマを際立たせてくれます。

でも、街で知らない人に声を掛けられるって、……正直どうですか?

嫌ですよね!!(笑)

多くの方がそうだと思います。
基本は「嫌がられるもの」だという事を頭に置きつつ、
そんな状況でも話を伺う方法を経験を重ねて習得したと思っています。
<初対面の人とのコミュニケーションの取り方>にも応用出来るのです

まずは道具の紹介を。
写真左から、
・録音機械(ZOOM H2nハンディレコーダー)
・風防(風の音が入らないようにするもの)
・イヤホン

録音機械については色々と種類があります。
今回はマイレコーダーちゃんです。
風防も様々。写真上部の方が強風にも強いですが人に近付けると少し邪魔なのでシチュエーション別で変えています。
イヤホンは、録音している音を確認しながら録るもの。
そして念のために、録音機械の電源となる単三電池も常備。

サウンドチェックをして準備万端!
いざ東京砂漠!

と、その前に。

1、自分の引き出しを増やしておくべし


街頭に行くときには「テーマ」があります。
その時に自分だったらそのテーマについてどんな答えがあるのかを必ず頭の中に用意していくんです。ただ自分の考えを押し付けるのではなく、相手が喋るキッカケになるようなものにします。

2、テーマに沿った街へ行くべし


これは実際に足を運んで感じた、あくまで私個人の意見なのですが
街にいる人によって同じテーマでも出てくる話の方向性が異なります。
例えば、同じ「思い出のゲーム」についてインタビューをしても
渋谷だと「友達と徹夜でやった〇〇」「家族で遊んだ〇〇」など、
誰かとの思い出を絡めたゲームの話に。
秋葉原だと「ストーリーが神がかってる〇〇」「次回作の制作が延期になった〇〇」など、そのゲーム自体のより詳しい話に。
番組の雰囲気や、喋り手の興味を引く意見などによっても録りたいものは変わるのでその時に合った場所に行くのが良いと思います。

この時に、自分も同じテーマでもその方向性にあった引き出しを開けるという事も忘れずに。

よし、ではようやく街へ出ましょう!

3、スタート時間は正時を避けよ


正時とは、一時零分零秒のように分や秒の端数のつかない時刻のこと。
私は歩いている人よりも誰かを待っている人、足を最初から止めている人に行くようにしています。その方が時間を割いて下さる方が多いからです。

なので、まさに約束の時間!となる正時に声を掛けても
「もうすぐ人が来るんで~」
というお断りワードが出てしまいます。

5分でもちょっと早いです。遅刻した人が来ます。
10分、来るのが遅くてイライラしてる人が多いです。

なので私のなかのベストなスタート時間は「〇時15分」!
ここから40分間が戦いの時間。正時付近になったら小休憩。

4、困ったらマッチョな人に行け


話しかける人ですが、そのテーマについて話してくれそうな人にいきます。
場合によっては、テーマと真逆の雰囲気を持つ人にいくのも手です。
話して欲しい事だけを拾いに行くわけではありません。
意外な答えが欲しいというのも、勿論あります。

でも、どんな人に話しかけるのか困るときも。
これはもう感覚だったりするので説明が難しいのですが……
一つ言えるのは「マッチョな人は話してくれる確率が高い!」(笑)

ここからは憶測。独断と偏見です。

・目標がハッキリある
・学生時代の先輩後輩の関りで人に教わる&教える機会が多かった
・社会人になっても鍛えている、ストイックさと少しのナルシズム
・下手な姿勢で来るものを邪険にしない

完全に、独断と偏見です(強調)。

こういったところから、インタビューで自分の意見を言って下さる方が多いんだと思っています。いつもお世話になっております!!!!!
(私がただマッチョ好きだからっていうのもあります。)

ちなみに、大きいフープピアスをしてる女性は海外(外国人)が好き、という偏見もあります。実際に声を掛けて海外ネタに反応して下さる方が多かったので……。

ちなみにちなみに、誰かと一緒にいる人に声を掛ける時はその人達の関係性も予想します。そして親しい関係性にあるなと思ったら行くようにしています。
これは、一緒にいる人も「自分(インタビュー側)と一緒になって話を聞く立場を取ってくれるか」という考えと、「相手が意見を言いやすい環境にあるか」というものから。自分の意見を言うのが恥ずかしい関係ってあるじゃないですか。上司と部下、まだ親しくなれていない男女、とか。
そこらへんも考慮していくと、断られる頻度が下がるのです。

5、コント「街頭インタビュー」


最初にも書きましたが、基本的には「嫌がられること」として考えています。
分かっていても冷たくあしらわれるのは誰だって悲しいもの。

そこで編み出したのが脳内で「これはコントだ、冷たくされてもそういうネタなんだ」と言い聞かせるということです。バカみたいですがこれが効くんです!
何を言われても自分ではない<コントをしてる舞台上の自分>が受けた言葉なので、関係ないぜ~という考え方。

傷つかない為の防御壁を強くする程、人に話しかけるハードルは下がります。

6、うるさい表情でリアクションすべし


街頭では自分の声は入れないようにします。
なんですが、無言で聞いてる人にいっぱい喋る気なんか起こりませんよね。

相手の目を見る。
眉毛の動きは大袈裟に。
口を開いて笑ってみせる。

「あなたの話に興味があるんです!」という事を前面に伝えていきましょう。
合間には感想と、話を広げるための質問も。

自分と話した相手が楽しかったと思ってくれると良いなと考えるのがベスト。
相手の友達がその場に一緒にいる場合、若者の多くは写真や動画を撮ります。
「これでSNSにも発信してもらえるな」「今日の話題の1つになるかな」
そんな思いもあったりして<基本的に笑顔>を心がけています。

7、出会いへの感謝


胡散臭い感じになりますが、話してくれてありがとうの気持ちを忘れずに!
そして「他人だからこそ話せること」を聞ける貴重な場であることを楽しむ!

相手を好きになって、自分も好きなってもらう、
そこからラジオの事も、番組の事も好きなってほしい。

街頭インタビューは番組の名刺を配るような気持ちで。

★そんな、街頭インタビューをしてきました!

場所は<渋谷駅>。

ここは街頭激戦区となっていまして、この日も3組くらいのテレビの街頭スタッフが見受けられました。自分がインタビューした人が、他の番組でも声を掛けられている姿をよく見かけます。(やっぱり話しかけやすい人って雰囲気で感じ取るよね)

今回のテーマは「自分の経験から、人に教えてあげたいこと」

色んな考えの人がいるなと、街頭をするたびに思います。
ご協力下さった皆さんありがとうございました。

そして、この街頭をした事でページへのアクセスも促せたらいいな!
拡散希望!!

 

HOW TO 切り絵

入社して早7年。EAUの竹原です。

皆さんは学生の頃、何か部活に入っていましたか?
私は「切り絵部」です。
切り絵と聞いてピンと来ない方もいらっしゃると思います。わかります。
では、『モチモチの木』という絵本はご存知でしょうか?
2009年に惜しくも亡くなられた滝平二郎さんの切り絵が印象的な名作。

豆太とじさま。きっと覚えがありますよね?(絵が怖くて幼少期のトラウマ作品だという声も多いのですが)このように、紙を切って生まれる独特の味わい深さをもつ絵画の手法の一つです。

※ちなみに私も今知ったのですが、今年に入ってTシャツが販売されたみたいです!なんでも3種類あって、暗闇で光る「ドラマチック版」とやらもあるそう。気になった方はURL貼っておきますので見てみて下さい。結構胸アツです。

モチモチの木Tシャツ | 趣味・コレクション | プレミアムバンダイ公式通販

そんなわけで、中学校生活の3年間で「切り絵」という無駄スキルを取得した私。
今後の人生で活かす場面なんて無いだろうなと思っていました。
入社した会社は主にラジオ番組の制作ですし。
なんですが、活かせたんですね。

それがこちら。

番組のステッカー!
こちらはFm yokohama土曜朝九時OAのご長寿番組「FUTURESCAPE」のパーソナリティ小山薫堂さんです。実に切り絵っぽい。
私の切り絵が一時期薫堂さんのLINEアイコンになっていたのは、嬉しい思い出です。

ポップなやつもできます。絵心はないので、写真から作るほうがラク。

こんな感じに毎月「今月のステッカー」としてステッカーを作成していた時期もあったんですが、最近はご無沙汰です。ということで……

今回は、切り絵で実用的なモノを作ろう!

用意するのはコチラ。
▼道具
・ アートナイフ
・カッターマット
・セロハンテープ(写真にはないですが)

▼材料(いずれも百均)
・うちわ
・デコステッカー(シールタイプ)

実用的な”切り絵技術”といえば、うちわ作り!

これがまた簡単に作れちゃうんですね。お子さんの運動会で応援する時にいかがでしょう。是非皆さんもご自宅で作ってみて下さい。

① 切りたい文字を紙にプリントする。もしくは書く。

今回はこの文字です。
林さんというのは弊社の社長です。こっちを見て欲しい、いや、見て欲しくない、そんな乙女心に揺れるなか思い切ってみました。

② デコステッカーに貼って、文字部分を切る。

貼った時点で、本当に見て欲しいのか疑問に思い始める。
切りながら、もう後には退けないと思う。

③ 文字を切り終えたら、貼りたい所に当てて場所を確認し、貼る。

何か物足りない……。配置ももっとギュッとした方が可愛い……。ここからはうちわ作りへの熱意で動く。
これ、いつ使うんだろう。

④ 派手さが足りなかったので、ピンクのステッカーに貼って外側を丁寧に切って完成!

我ながら良い感じに出来たぞ~と思いながら、裏側が寂しい。
ということでもう一つ切る事にしました。
社長の顔を切ろうと思って使用許可を申し出たところ、即答で「それだけは無理です」の言葉。ショック。何を切ろうか悩んでいたところ思いついちゃいました。

「そうだ、QRコード切ってみよう」

この「水曜日のじゆうちょう」のQRコードを無料作成。
これを切って、うちわに貼ったら社内宣伝効果抜群では!?
うきうきした気持ちでスタート。ここからが地獄の始まりです。

意外と切るもの多いな。多すぎるな。
切ったパーツがどこかにいっちゃいそう。急きょ同じ用紙にその通り置いていく事に。
ここまで来て、1時間。徐々に没頭して心が無になっていく。

2時間以上かけて切りおわったー!すごく達成感があります。
しかしこれで終わりません。切ったら貼らなくてはいけない。それが切り絵。貼るときに失敗してグシャッとなる事もあるので、気の抜けない作業です。

切ったものも、貼り付ける時に場所を確定させる為に取っておくものも。
少しでもズレたらQRコードとして使えなくなると思うと緊張。
少しずつあるべき場所に収まっていくのはジグソーパズルのような快感。

やったー!できたよー!

ここに来るまで、文字と合わせて5時間は経っています。ランナーズハイのような高揚感があるのは気づけば深夜3時だからでしょうか。

最後の懸念事項は、これが本当にQRコードとして生きているのか。

社内で実際にやってもらいました。まずはスタジオで作業中のO本さん。

愛のある悪態を吐きながらも協力してくれる。
手元を撮ろうとした私に対してスマホをぶるぶる振って邪魔をするお茶目なO本さん。

QRコードちゃんと読み込まれた!良かった!

うちわを持っていると「なになに?」とすぐにスマホをかざしてくれたF見さん。
QRコードの切り絵に興味を持ってくれたMさん。

皆さん、お気に入りに追加して毎週水曜はチェックして下さいね!

うちわは私のデスクに置いてあるので必要な時、自由にお使い下さい。
竹原