2月も目前。

投稿者:その他

どうも、ハニュウです。
新年が明けてからあと3日で1か月。

令和になって初めての2月ですが
祝日が増えたり、うるう年で29日まであったりと
ちょっと特別感がある気がしますね。

2月といえば・・・
「節分」と「バレンタイン」がありますね。

「節分」は地域によって豆が異なったり、
掛け声が違ったりするらしいですよ。

六本木で行われるホリエモン万博2020では
10万粒の豆が飛び交う豆まきが行われるそうです。
https://expo.horiemon.com/

興味のある方は行ってみては??

それでは。

名づけについて

投稿者:海藤

いつの間にか土曜日。
海藤です。

先日、「FUTURES Sense of Wonder」(聞いてね…!)の打ち合わせをした時…

名刺をお渡ししたゲストの方に
これって本名ですか?」と聞かれました。

 

…たまに聞かれるんですよね。

もちろん海藤って本名なんですが、フルネームで見ると実は芸名っぽさが否めないというか。下の名前もよくある読み方ですが漢字が難しいようで、いままで初見で正しく名前を”読んで”くれたのは、高校の時の現代文の先生だけです。

…ということで
今回はそんな折に思い出した本を紹介したいと思います。

(本の紹介が続きますね、本、好きなんです)

---------

今回ご紹介したい本はこちら

『詩的思考のめざめ:心と言葉にほんとうは起きていること』

皆さんは詩にどんなイメージがありますか?

なんとなく高尚でロマンチックで近寄りがたい?
いやいや、大好き!自分でも書きます!
という人もいるかもしれません。

 

私は、寺山修司の「懐かしのわが家」という詩が大好きなんですが
なんで好きなのかっていうのはなかなかうまく説明できませんでした。

なんかこう共感できる、グッとくる!
…その「グッ」の正体をずばり言い当てられた!と感じた
 『詩的思考のめざめ』の中の一文が

 

----詩とは、名づけられるべき、しかし未だ名づけられていないものとの出会いだ(P.32)

 

自分の経験したことのうちで
感覚はあるんだけど言葉にはできない!という、もどかしいこと。
名前をつけられないこの気持ちの名前が欲しい!と思うこと。

その名前を探すことが、詩との出会いだという考え方、いかがでしょう?

 

私は詩を書けるほどセンスのセンスはないんですが

「自分の抱いたぼんやりした気持ちを、こんなにきれいな言葉で表現してくれた人がいたんだ!」

と思って、嬉しいような安心したような気持ちになりました。
(多分その気持ちが、グッときた、の「グッ」の正体…)

 

人の名前の話から名づけの話で少し脱線しましたが
「名前と出会う」という詩の楽しみ方、是非!

 

音を見る映画『日日是好日』

投稿者:竹原

映画館ではキャラメル味のポップコーンが欠かせない竹原です。
あの空間に入ったとき、ふんわり漂う甘い香りが非日常を感じさせて、これから訪れる映画の世界の入り口に立ったようなワクワクとした感覚になります。

そんな私ですが、「この映画を観る時にはポップコーンは食べられないな」と思った映画をご紹介したいと思います。

『日日是好日』大森立嗣監督作品。2018年10月13日公開。

黒木華さん、樹木希林さん、多部未華子さんらが出演。
茶道教室に通った約25年について記した森下典子さんのエッセイ『日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』(新潮文庫刊)を映画化したものです。にちにちこれこうじつ。直訳で、日々、毎日が素晴らしいという意味。

先日、横浜にある<そごう美術館>で開催された「樹木希林 遊びをせんとや生まれけむ展 特別編」を観に行ってから樹木希林さんの作品に触れたくなり、Amazon Prime Videoで最初に見つけた一本。出会えて良かったと思う作品でした。

主人公は黒木華さん演じる典子。真面目で理屈っぽくておっちょこちょいな大学生。彼女は親に勧められ、特に乗り気ではないもののなんとなく近所の茶道教室に通い始めます。そのお茶の先生が、樹木希林さん演じる武田先生。「お茶はまず『形』から。先に『形』を作っ ておいて、後から『心』が入るものなの。」そう教えられ、戸惑いながらも毎週土曜日に通い続けることで、典子の人生に対する向き合い方が変わっていくという物語。

私は映画に詳しいわけでもないし、お茶のおの字も知らないド素人ですが、この作品は音が素晴らしかった!映画音楽の良さではなく、そのとき感じる彼女の世界の音を一緒に味わうことができる感覚でした。

まろやかなお湯の音。きらきらした水の音。
春の雨。冬の雨。
その時折異なる、茶室のお軸を見ながら聴こえる庭の風の音。

最初から聴こえてくるわけじゃないんです。彼女の心が、お茶に通うことで研ぎ澄まされたことで徐々に開けていく、それとともに映画を観ている私にもすーっと入ってくる。水音一つとっても違うんですね、熱いお湯と冷たい水では。そんな音のひとつひとつに耳を澄ませたくなるので、ポップコーンは食べられない!
聴覚だけでなく視覚からも音を感じられました。春の柔らかな葉の萌葱色、夏の障子から差す強い陽の光、秋の気持ちよさそうな風、冬の白く染まる呼気。その全部が音を奏でているよう。

「雨聴」
雨の日は雨を聞く。五感を使って、全身で、その瞬間を味わう。
雪の日は雪を見て、夏には夏の暑さを、冬には身の切れるような寒さを。

これは、映画の中で典子が独白するシーンからの引用です。
まさに自分が実感したものと繋がっていて、感動。20年以上お茶に向き合い続けた彼女の感覚を疑似体験出来ちゃうんだから、映画って素敵だなぁ。

なかでも私がぐっときた音のシーンについて。
(多少のネタバレを含むます。)

長年付き合い、挙式まであと2ヶ月というところで彼の裏切りを知った典子。駅のホームで佇む彼女。先程来た電車が人々を乗せ、大きな音を立てて発車していく。

ごぉおおおおおお、途切れる、無音、ぱたっと涙が一粒落ちる、嗚咽。

好き。ここ大好き。
大学卒業後に就職が出来ず出版社のバイトをしていた典子は、周りと自分を比べて劣等感を抱いていました。あの子は前にどんどん進んでいる、私は何もできていない。お茶を習っても自分の半分の年齢の子が自分より秀でている。ああ、ここにも私の居場所はないんだ。そこに来て、婚約者の裏切り。
「正しいひとたち」が「正しい時刻に出発する電車」に乗って「正しいレールに沿って前に向かう」。そこに乗ることすら出来ず置いてけぼりになっている、何にもなれない自分っていうのが、音でも感じられるんですよ!いい!

登場人物が少ないのも良かったです。物語が進んでいくのも、典子の独白が結構多くて場面展開は静かなんです。先程私が熱く語った裏切りの話も独白のみ。

主人公演じる黒木華さんも勿論素晴らしいですが、圧倒的説得力を与えてくれるのが、お茶の先生役、樹木希林さんでした。所作が凛としているのに柔らかく丸みを帯びていて、厳格な雰囲気の中に優しさが溢れ出ているんです。武田先生の人生を生きてきたんだって自然と感じられる。この樹木希林さんの名演がなければ成り立たない作品なんじゃないかなと。

そんななか、先日、番組の収録で俳優・映画監督の奥田瑛二さんをお迎えしたときの事をふと思い出しました。奥田さんのご友人でもあられる津川雅彦さんについて語られていた時のこと。「すごい俳優は、亡くなっていても亡くなっていないと思わせる。」本当にそうだなと感じました。樹木希林さんもそのお一人だと思います。

ということで、もし機会がありましたらご覧下さい。1時間39分です。ハンカチは一応用意した方が良いかも。私はほろほろ泣きました。
好きなものを共有したいということでの今回の記事いかがでしたでしょうか。私は書いてて楽しかったです!

〜〜〜

さて、昨年末始めたTwitterですが、前回更新時はフォロワー数335名。
現在438名!あれからプラス103名…ありがたい〜。
引き続き、本年もよろしくお願い致します!

色にはどんな意味がある?

投稿者:海藤

あけましておめでとうございます。
年明け前から正月ボケの海藤です。
(更新日をすっかり勘違いしたまま年を越しました)

みなさんはどんなお正月を過ごしていますか?
私は新年早々体調を崩して、初詣も初売りもいかずに引きこもっておりますが…

お正月といえば福袋や新春のセールなど。お洋服が安く手に入るので、せっかく大掃除で片付いた部屋があっという間に散らかってしまう季節だなと個人的には思うんですが、新しい一年のために、新しい洋服を買うのは気持ちがいいですよね。

今日は引きこもり正月の間に出会った、服に関する本をシェアしたいと思います。

 

当たり前に着る黒いアイテムですが、その反面、喪服のように、他の色にはないような意味をもって着る場面もありますよね。『黒の服飾史』では、そんな黒い服についての歴史を西洋の服飾史を中心に紐解いていく本。

その中でも「言われてみれば!」と思ったのは、色の捉え方
藍色や紅色など、日本独特の色の呼び方には植物の名前が使われ、季節ごとに変化する色を楽しんで、色から季節を感じ、色の変化を自然に受け入れて生活しています。(服ではありませんが、和菓子なんかもそうですよね)

このように、日本では「○○の色」というような色を具体的に捉える文化があるのです。

 
一方ヨーロッパでは、自然は神様が作ったものというキリスト教の考えから、色にも神様のメッセージが込められていると考えて、色を象徴的に捉える文化

そんなヨーロッパで、黒はどういう風に用いられ、流行り、変化していったのか…というのはネタバレになってしまうので、是非本を手にとっていただきたい…!

 
-----

 
話が少しずれますが…先日、髪を切りに行った時に

「最近、推し(=好きなキャラクターやアイドル)のイメージカラーを毛先に入れて欲しいっていうオーダーが多いんですよね」

という話を美容師さんから聞いて
(かくいう私もまさにそのオーダーをするか迷っていた)

意味を持たせた色を身に纏う事って、すてきなおしゃれの楽しみ方だなと心がウキウキしました。

 
音楽やラジオには残念ながら目に見える色はありませんが、どんな場所で、どんな時に、誰とどんな気持ちで聞くか…で、なんとなくそれぞれ心に浮かぶ色があるんじゃないかなと私は思います。

2020年、みなさんはどんな色と過ごしますか?
今年もまた1年、どうぞよろしくお願いいたします!

十二支でねずみが最初なのは?

投稿者:ハニュウ

どうも、ハニュウです。
2020年・子年が始まりました。
干支が1周して最初の年。

十二支の動物やその順番は諸説ありますが…
ねずみが先頭にきたのは↓↓の話が有名ですね。

.

.

むかしむかし、神様が動物たちに
「元日の朝、新年の挨拶にきなさい。
12番目までを順番に1年間、動物の大将にする。」
と言いました。

それを聞いた牛は
歩くのが遅いことを自覚していたので
前日の夜から支度をしました。
ねずみはその牛の背中に乗って
神様の門の前で牛を抜かして一番になった。

.

.

諸説ありますので調べてみると
思わぬ発見があるかもしれませんよ。

今年もよろしくお願いします。
それでは。

.