名指しで「これ、好きだと思うから」

生活の役に立たない物が多すぎて
テレビを設置するスペースのない家に住む海藤です。

一番役に立たないもの「視力検査のアレ」(¥15000)

 

この「水曜日のじゆうちょう」も、始動してから早4ヶ月。
どうやったら多くの人に見てもらえるんだろう、ということは、頭の片隅では常に考え、ブログの紹介カードも作ったりして…(正直それ止まりでしたが…)

改めて考えてみて、これは大切かもしれないと思ったことがひとつ。

結論から言います。
ずばり、名指しの「口コミ」です。

-------

まず、私はそもそも、宣伝というのが苦手なのですが(するのもされるのも)…

YouTubeも、広告が出たら即ブラウザバック(動画を見すらしない)。Twitterのプロモーションアカウントも即ブロック。…ひとつ前、竹原先輩の記事を読んで、びっくりするくらい真逆だなって思いました。
気持ちが乗らない時に、見ず知らずの人に突然「見て見て!これいいよ!」って言われたって、「いや、今その話は聞いてないし」って思ってしまう。

そう、めちゃくちゃ心の狭い人間です。

でもそんな心の狭い人間が思わず心を動かしてしまう物があります。それは”””名指し”””での「口コミ」

(私個人の感想ですが…)宣伝に興味が持てない理由として、向こう側に誰がいるかわからないという点が大きいのです。
ですが、例えばそこそこ付き合いのある友達から「このレストランの味は、絶対にあなたが気に入ると思うから、是非行ってみて!」と言われ、仮にわざわざショップカードなんか渡されてしまったら

全く興味のない店だけど、一回くらい行ってみようかな」と、なんとなく情報に心を開くことができるような気がするのです。

 

つまり…

「●●金賞受賞!アンケート1位!インフルエンサーのおすすめ!」

と書かれたものより

「(友達の)○○くんが美味しいって言ってたお店」
「(憧れの)××さんが面白いって言ってた本」

の方が、興味を持って物に触れられる気がする、そんなことです。


ちなみに私は「多分これ、海藤が絶対好きだと思うから、見てみて」って言われたものは間違いなく見ます。だってわざわざ名指しで「好きだと思うから」って言われたら、嬉しいですからね…飛びつきます。

なのでひとまずは、「水曜日のじゆうちょう」を通して色々な人に直接お話しして、知ってもらうこと。あとは、読んで欲しい人を具体的に設定してやっていこうと思います。(名指しで「この話、多分好きだと思うから」…フフフ)

そしてそのためのカード…!

千里の道もなんとやら、と言いますし
まずは草の根運動から。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です