名指しで「これ、好きだと思うから」

生活の役に立たない物が多すぎて
テレビを設置するスペースのない家に住む海藤です。

一番役に立たないもの「視力検査のアレ」(¥15000)

 

この「水曜日のじゆうちょう」も、始動してから早4ヶ月。
どうやったら多くの人に見てもらえるんだろう、ということは、頭の片隅では常に考え、ブログの紹介カードも作ったりして…(正直それ止まりでしたが…)

改めて考えてみて、これは大切かもしれないと思ったことがひとつ。

結論から言います。
ずばり、名指しの「口コミ」です。

-------

まず、私はそもそも、宣伝というのが苦手なのですが(するのもされるのも)…

YouTubeも、広告が出たら即ブラウザバック(動画を見すらしない)。Twitterのプロモーションアカウントも即ブロック。…ひとつ前、竹原先輩の記事を読んで、びっくりするくらい真逆だなって思いました。
気持ちが乗らない時に、見ず知らずの人に突然「見て見て!これいいよ!」って言われたって、「いや、今その話は聞いてないし」って思ってしまう。

そう、めちゃくちゃ心の狭い人間です。

でもそんな心の狭い人間が思わず心を動かしてしまう物があります。それは”””名指し”””での「口コミ」

(私個人の感想ですが…)宣伝に興味が持てない理由として、向こう側に誰がいるかわからないという点が大きいのです。
ですが、例えばそこそこ付き合いのある友達から「このレストランの味は、絶対にあなたが気に入ると思うから、是非行ってみて!」と言われ、仮にわざわざショップカードなんか渡されてしまったら

全く興味のない店だけど、一回くらい行ってみようかな」と、なんとなく情報に心を開くことができるような気がするのです。

 

つまり…

「●●金賞受賞!アンケート1位!インフルエンサーのおすすめ!」

と書かれたものより

「(友達の)○○くんが美味しいって言ってたお店」
「(憧れの)××さんが面白いって言ってた本」

の方が、興味を持って物に触れられる気がする、そんなことです。


ちなみに私は「多分これ、海藤が絶対好きだと思うから、見てみて」って言われたものは間違いなく見ます。だってわざわざ名指しで「好きだと思うから」って言われたら、嬉しいですからね…飛びつきます。

なのでひとまずは、「水曜日のじゆうちょう」を通して色々な人に直接お話しして、知ってもらうこと。あとは、読んで欲しい人を具体的に設定してやっていこうと思います。(名指しで「この話、多分好きだと思うから」…フフフ)

そしてそのためのカード…!

千里の道もなんとやら、と言いますし
まずは草の根運動から。

宣伝するのは悪いことか?

テレビでは番組の最後に制作スタッフの紹介テロップが流れるけど、ラジオはそういう事が無いのが少し不思議に感じる、竹原です。

番組内であだ名がついて、本名は出ないけどリスナーの方に認識して頂けるというパターンはラジオあるある。私はFm yokohama「FUTURESCAPE」という番組で「はさみ」という名前をパーソナリティの小山薫堂さんにつけて頂きました。理由は切り絵をするからです。

さて、今回は<宣伝すること>についての話

小さい頃からCMが好きだった私。世の中は広告で回っていると思っていました。売りたいものを伝える、知る、実際にお金を使う。健康的な経済じゃないか。今でもCMを見て秒で涙を流す事がある良い視聴者です。(ちなみにお気に入りのキャッチコピーは「あなたの夏が、私の夏でありますように。BY西武セゾングループ」。何度見てもきゅんとする!!夏が来る度に思い出します。)

しかし今、CMはスキップ出来る事が当たり前。ビジネス臭いと、嫌われてしまう逆効果すらあります。「無料アプリで出てくる広告が邪魔だから☆1つです」というユーザーは根本から間違っていると思うのですが、それでも、そういう感情が一般的なんですよね。無料なのは広告料があるからじゃないんですかと。CMが入るのは良いことじゃあないか!……マイノリティな意見ですね。

そんななかでも「自分が好きなものを広く知らしめたい」という共感&共有の欲求は常にあるもので、”Twitterでバズったら宣伝ツイートをぶらさげる”という共通認識もあります。賛否両論あるものの、宣伝効果は高いという実際のインプレッション数を公開している方もいました。

「スモールマス」と言われている昨今、発信するサイドも「個」の強さを実際に感じていると思います。
「ダイレクトに製品の良さをうたっても消費者は懐疑的で、広告よりも、家族や友人など自分が信じている人の紹介や、感性が似ている人のクチコミを信用する」という話を化粧品業界のマーケティングに関する記事にもありました。

個人に近くそれでも多大な影響力のある媒体、それが、YouTuber。おもしろおかしく商品紹介をしたり、レビューをするのはOKむしろ見たいし参考にするしいいね押しちゃう!
下の動画なんて現時点で320万回以上の再生数ですもの。昔ヒカキンのどういう所が人気なのか気になってチェックしてたら、あっという間にクセになって今ではチャンネル登録しています。丁寧で優しく平和で笑顔。災害が起きれば支援を自らして周囲にも促し、お金をどーんと使って夢に描くような買い物をする。安心して子供と見られる教育番組要素を感じます。

そんな時代を先読みしていたのが、星新一。
頭をなでられるとコマーシャルソングを歌う少年、あくびをすれば「疲労回復の栄養剤は強力ドミンが一番か……」と言う中年の男、くしゃみを聞くと「風邪にはルキ錠だったな」とつぶやく青年。人々が自分自身を広告媒体として企業に提供していることが当たり前になった未来を描いた作品、『宣伝の時代』(1969年出版『だれかさんの悪夢』収録)。

この作品を考えると、1998年のアメリカ映画『トゥルーマン・ショー』を思い出します。虚構のテレビドラマの世界を本物と信じて生きる主人公の話。この中ではプロダクトプレイスメント(劇中において、役者の小道具としてまたは背景として実在する企業名・商品名を表示させる広告手法)が、現実と虚構との違いに気付く一つの鍵になっていました。『宣伝の時代』はそれが普通の事として描かれていてそこがユーモアと毒を含んでいるんですが、今はもうそれが現実なのではと思わされますよね。

そして、最近の一番の衝撃は、新海誠監督作品の映画『天気の子』
映画の中は、広告&広告&広告!アニメーションなのに実際の商品がごろごろある心地よい違和感で、今までにないアプローチだなぁと思って観ていました。
作品内外での企業とのタイアップ広告展開もこれでもかとしていて、圧巻。良ければまとめ動画で是非チェックしてみて下さい。

アニメとマーケティングに関する記事も参考までに。

この記事の中にこんな一説があります。

>CMを流せばモノが飛ぶように売れていた時代は過去のもの。ネット、ひいてはスマートフォンが日常生活に浸透した現在では、「スマホを操作しながらテレビを観る」「スマホを操作しながら通勤する」などというように“ながら人口”が増加したため、従来の広告論調型のCMでは人々を惹きつけることが難しくなりました。

ラジオは”ながら文化”と親和性が高く、更にラジオCM業界はにわかに熱が高くなってきているという流れがあるというのです。ラジオ放送のネット配信アプリ「radiko(ラジコ)」の調査によると、ラジオ広告の完全聴取率は98%に達するとか。

耳の隙間時間にフィットした音声のみのCM。
EAUにもラジオCMを生業としたスタッフがおりその道三十年以上というAさんに話を聞いたところ、最近の傾向として「王道系の感動ものから外れて、変わった面白さを感じるものが流行っている」とのこと。なるほど。

先日発表された「2019 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS ラジオ&オーディオ広告部門」で「総務大臣賞 / ACCグランプリ」を受賞した、KINCHOのCMがとても面白かったので是非。

 

さて、今回の記事はひとえに「水曜日のじゆうちょう」を宣伝したいという発想からきています(ひいては「EAU」を宣伝したいに繋がるのだけど)。直接的に拡散希望をしても目にも耳にも留まらない。番組SNSをいくつも更新していて思うのは、「番組の本筋だけ伝えてもあまり心惹かれない」ということ。
まずは自分が「個」として認識してもらい「企業臭を消し」興味を引く裏側のことなどを発信する。

というわけで、仕事用個人Twitterアカウントを取得!(これで現在扱っているアカウント14個目……。投稿ミスに気を付けます。)ここからしようと思っている事がいくつかあるので、急がば回れでやっていこうと思います。

FAIL-FASTってなんだ?

いきなりなんですが最近出会った言葉に
「FAIL FAST」という言葉があります。
「早く失敗しよう」というような意味で
これが最近の私の働き方に刺さってしまったので
少しご紹介します。

 

ーーー「楽観性」の裏打ちは「失敗」

シリコンバレー、
ここは多くの新興企業や技術系のグローバル企業が密集する地域ですが
このサンフランシスコ ベイエリアの南部では
「FAIL FAST」という言葉が文化のように根付いているんだとか。

小さい失敗を繰り返して、考えて、そして芽が出る
だからどんどん失敗しよう!

日本では割と多くの人が
失敗したくない、完璧になってから披露したい
とリスクに対して後ろ向きな考えを持っている方が多いですよね。
まさしく私もそんな考えを持っている一人です。

 

お話を伺ったカフェの壁、
やけに違和感を感じるんですが、、

なぜ壁が黄色いのか・・・・?

実はそこには理由があって、
『黄色の壁を塗るというのはカフェのセオリーに今までなかったもので
つまり「クレイジー」に見えますが、
そう見えることで、このカフェって何かに挑戦しようとしている
というメッセージを受け取ることができますよね。
大手にはできないこうした挑戦が面白さを産むんだよ』と。

考え続けて成功を狙い撃ちすることよりも
試作品を作ってどんどん出していく方が
たとえ失敗したとしても、
そのフィードバックを早めに受けることができる、
それをまた考えることが成長であり面白さ。
まさに「楽観性」の裏打ちは「失敗」というわけでーーー。

あれです、iPhoneが最初から完成形を作るのではなく
バグが出れば修正して、何度もアップデートを重ねていく
ということと一緒ですよね。
使ってみなければわからないことってたくさんあるので。

そんな理念を持って大手のカフェにできない「挑戦」を試みる姿が
とても楽しそうに見えました。

失敗を受け入れる楽観性って大事だなと
FAIL FAST, KEEP THINKINGはしばらく
行動の指針にしたいと思えた取材でした〜。

おしまい

 

積雪期の富士山🗻について

どうも、ハニュウです。

今回のテーマは「積雪期の富士山」です。

先日悲しいニュースがありましたが、
毎年、積雪期の富士山では遭難・滑落事故が起き、
死傷者・行方不明者が出ているのが事実です。

ここでは、雪山での必要な装備について取り上げます。

富士山(標高:3776メートル)
山に詳しくない人も”知っている”
という方が多いのではないのでしょうか。

日本はまだ秋の気分ですが、
富士山は先月22日に初冠雪を記録しました。
※冠雪・・・山の頂上が雪をかぶること

実はこの初冠雪、平年より22日遅いのです。
そしてすでに山頂は日中でも氷点下の世界です。

そんな過酷な世界で歩くために必要な装備をご紹介します。
※これらの装備以外にもウェアや食事など重要な部分がありますので
 初心者の方は経験者に必ず教わってください。

※富士山の登山シーズンは
 一般的に7月上旬~9月上旬の2か月のみです。
 通常登山の場合はこの期間中に登ってください。

.

.

.

①登山靴

登山靴の中でも冬仕様のものがあります。
特に足は凍傷のおそれもあるので
自分に合った靴を実際に履きながら選ぶのが良いです。

.

②アイゼン

靴底につけることで氷上や雪の上を滑りにくくします。
氷によっては硬すぎて刺さりにくい場合もあるので注意が必要です。

.

③ストック

  

使い方はスキーとほとんど同じです。
雪をしっかりとつかむことで歩行のサポートができます。

.

④ピッケル

傾斜が急な山などではピッケルが必要となります。
事前にどういう山なのかを調べることも重要なことです。

.

⑤サングラス

雪山では一面真っ白なため
太陽光が反射して「雪目」になるおそれがあります。
※雪目・・・目が長時間紫外線にさらされて角膜が傷つく病気
      海水浴場や電気溶接でも起こり得る

.

.

雪山登山はかなり重装備になります。
それだけ危険が伴うという認識が大切だと思います。

このほかにも冬用の服装・食事、
低体温症への対策なども必要になります。

.

最後に、これらと同じくらい重要なことが
「雪山での経験」です。
初心者の方はできれば経験がある人と一緒に登ってください。

また、これからの時期は日照時間も短くなるので
余裕を持って行動することも大切です。

今回は「雪山の装備について」でした。
知識を深めることで登山がより一層楽しいものになると思います。

それでは。

.

.

P.S. いまの時期の夜長に読書しながら聞いてほしいミックスです。