朝ごはんといえば?

どんなに忙しくても体調が悪くても
1日3食を厳守する海藤です。

先週、お休みを利用して中国は北京・天津に旅行へ行ってきました。

北京と言ったらやっぱりここ!

 

旅行といえば1人で行くもの!という感じで
どこへいくにも基本的に1人でいくのが好きなのですが
1人旅をすると、気づけばずーーーーーーっと何か食べていて
「どんなところを見てきたの?」という質問の返しに困るのがお決まりです。

食べ物を求めてスーパーをハシゴ&徘徊。パンコーナーには中国らしい「月餅」

 

中国に行くよ!と言って、色々な人にまず心配されたのが
「食べ物、大丈夫なの?」ということ。
海藤、今回初めての中国だったのですが
…結論から言うと、中国の食べ物すごくおもしろい!(そしてうまい!)

特に気になったのが、朝ごはんとして出された饅頭(マントウ)。
肉まんやあんまんの皮の部分だけ、パンみたいな感じで
ザーサイなど味の濃いおかずと一緒に食べる主食です。
ホテルの朝ごはんだけで出るものかな?とも思いましたが
街中にある饅頭屋さんに地元の人の長蛇の列ができているのを度々目撃したので
これが中国の朝ごはん文化なんだな〜と感じました。

現地ホテルの朝食。白くて丸いのが饅頭、真ん中の茶色い塊が先ほどの…

少し甘くてふかふかの饅頭。
我が家には蒸し器があるので、(余裕がある日の)朝ごはんに蒸してみようかな…

 

さて、みなさんは、朝ごはんに何を食べますか?
お弁当女子(!)の私は、朝お弁当を作るついでに余ったおかずを食べているんですが…
今回はそんな朝ごはんの音を1分弱にまとめてみたので
何を作っているか、ぜひ当ててみてください〜

 

 

 

わかりましたか?

正解は…

 

 

 

 

 

卵焼き!

年季の入った卵焼き用フライパン(管理が甘いとも言う)

 

日本では朝ごはん、お弁当、時には酒の肴まで馴染み深い卵焼きですが
外国の方にとっては新鮮なものだったりするのでしょうか。

 

目覚ましを止めて、冷蔵庫を開けて、卵を割って…
毎朝やっている動作を改めて考えてみると
「どんな音がしてたっけ?」と、音を撮るに撮れなかったので
とりあえずいつも通り1本焼いてみました。

しょっぱい派です

 

さて、いざ録音!と思いきや
調理しながら音を撮るのって難しいんですね…。
卵をフライパンに流し入れた時の「ジュー!」という音を逃さず撮るために
若干手が震えたりなんかしつつ…。

前回制作した音(楽)の反省を踏まえて
マイクとの距離や使う容器なども変えて、何とか撮った卵焼きの音。
みなさんの朝ごはんには、どんな音がしていますか?

 

以上、この音を撮るために3本も卵焼きを焼いた海藤でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です