竹原、一首詠みます。

夏の夜に F5 押 せども 変わりなし 
待った分だけ 期待膨らみ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です