HOW TO 街頭インタビュー

竹原です。

EAUという会社は、主にラジオ番組の制作をしています。
どんな番組があるかは是非、コチラをご覧ください!

さて、番組作りの中で色々な作業があるのですが、
今回は<街頭インタビュー>についてのお話。

街頭インタビューとは

テレビでもよくありますよね。
街にいる人に声をかけて特定のテーマについて語って貰うもの。
世間の意見として、スタジオ内だけでなく外の雰囲気を入れ
その時に取り上げるテーマを際立たせてくれます。

でも、街で知らない人に声を掛けられるって、……正直どうですか?

嫌ですよね!!(笑)

多くの方がそうだと思います。
基本は「嫌がられるもの」だという事を頭に置きつつ、
そんな状況でも話を伺う方法を経験を重ねて習得したと思っています。
<初対面の人とのコミュニケーションの取り方>にも応用出来るのです

まずは道具の紹介を。
写真左から、
・録音機械(ZOOM H2nハンディレコーダー)
・風防(風の音が入らないようにするもの)
・イヤホン

録音機械については色々と種類があります。
今回はマイレコーダーちゃんです。
風防も様々。写真上部の方が強風にも強いですが人に近付けると少し邪魔なのでシチュエーション別で変えています。
イヤホンは、録音している音を確認しながら録るもの。
そして念のために、録音機械の電源となる単三電池も常備。

サウンドチェックをして準備万端!
いざ東京砂漠!

と、その前に。

1、自分の引き出しを増やしておくべし


街頭に行くときには「テーマ」があります。
その時に自分だったらそのテーマについてどんな答えがあるのかを必ず頭の中に用意していくんです。ただ自分の考えを押し付けるのではなく、相手が喋るキッカケになるようなものにします。

2、テーマに沿った街へ行くべし


これは実際に足を運んで感じた、あくまで私個人の意見なのですが
街にいる人によって同じテーマでも出てくる話の方向性が異なります。
例えば、同じ「思い出のゲーム」についてインタビューをしても
渋谷だと「友達と徹夜でやった〇〇」「家族で遊んだ〇〇」など、
誰かとの思い出を絡めたゲームの話に。
秋葉原だと「ストーリーが神がかってる〇〇」「次回作の制作が延期になった〇〇」など、そのゲーム自体のより詳しい話に。
番組の雰囲気や、喋り手の興味を引く意見などによっても録りたいものは変わるのでその時に合った場所に行くのが良いと思います。

この時に、自分も同じテーマでもその方向性にあった引き出しを開けるという事も忘れずに。

よし、ではようやく街へ出ましょう!

3、スタート時間は正時を避けよ


正時とは、一時零分零秒のように分や秒の端数のつかない時刻のこと。
私は歩いている人よりも誰かを待っている人、足を最初から止めている人に行くようにしています。その方が時間を割いて下さる方が多いからです。

なので、まさに約束の時間!となる正時に声を掛けても
「もうすぐ人が来るんで~」
というお断りワードが出てしまいます。

5分でもちょっと早いです。遅刻した人が来ます。
10分、来るのが遅くてイライラしてる人が多いです。

なので私のなかのベストなスタート時間は「〇時15分」!
ここから40分間が戦いの時間。正時付近になったら小休憩。

4、困ったらマッチョな人に行け


話しかける人ですが、そのテーマについて話してくれそうな人にいきます。
場合によっては、テーマと真逆の雰囲気を持つ人にいくのも手です。
話して欲しい事だけを拾いに行くわけではありません。
意外な答えが欲しいというのも、勿論あります。

でも、どんな人に話しかけるのか困るときも。
これはもう感覚だったりするので説明が難しいのですが……
一つ言えるのは「マッチョな人は話してくれる確率が高い!」(笑)

ここからは憶測。独断と偏見です。

・目標がハッキリある
・学生時代の先輩後輩の関りで人に教わる&教える機会が多かった
・社会人になっても鍛えている、ストイックさと少しのナルシズム
・下手な姿勢で来るものを邪険にしない

完全に、独断と偏見です(強調)。

こういったところから、インタビューで自分の意見を言って下さる方が多いんだと思っています。いつもお世話になっております!!!!!
(私がただマッチョ好きだからっていうのもあります。)

ちなみに、大きいフープピアスをしてる女性は海外(外国人)が好き、という偏見もあります。実際に声を掛けて海外ネタに反応して下さる方が多かったので……。

ちなみにちなみに、誰かと一緒にいる人に声を掛ける時はその人達の関係性も予想します。そして親しい関係性にあるなと思ったら行くようにしています。
これは、一緒にいる人も「自分(インタビュー側)と一緒になって話を聞く立場を取ってくれるか」という考えと、「相手が意見を言いやすい環境にあるか」というものから。自分の意見を言うのが恥ずかしい関係ってあるじゃないですか。上司と部下、まだ親しくなれていない男女、とか。
そこらへんも考慮していくと、断られる頻度が下がるのです。

5、コント「街頭インタビュー」


最初にも書きましたが、基本的には「嫌がられること」として考えています。
分かっていても冷たくあしらわれるのは誰だって悲しいもの。

そこで編み出したのが脳内で「これはコントだ、冷たくされてもそういうネタなんだ」と言い聞かせるということです。バカみたいですがこれが効くんです!
何を言われても自分ではない<コントをしてる舞台上の自分>が受けた言葉なので、関係ないぜ~という考え方。

傷つかない為の防御壁を強くする程、人に話しかけるハードルは下がります。

6、うるさい表情でリアクションすべし


街頭では自分の声は入れないようにします。
なんですが、無言で聞いてる人にいっぱい喋る気なんか起こりませんよね。

相手の目を見る。
眉毛の動きは大袈裟に。
口を開いて笑ってみせる。

「あなたの話に興味があるんです!」という事を前面に伝えていきましょう。
合間には感想と、話を広げるための質問も。

自分と話した相手が楽しかったと思ってくれると良いなと考えるのがベスト。
相手の友達がその場に一緒にいる場合、若者の多くは写真や動画を撮ります。
「これでSNSにも発信してもらえるな」「今日の話題の1つになるかな」
そんな思いもあったりして<基本的に笑顔>を心がけています。

7、出会いへの感謝


胡散臭い感じになりますが、話してくれてありがとうの気持ちを忘れずに!
そして「他人だからこそ話せること」を聞ける貴重な場であることを楽しむ!

相手を好きになって、自分も好きなってもらう、
そこからラジオの事も、番組の事も好きなってほしい。

街頭インタビューは番組の名刺を配るような気持ちで。

★そんな、街頭インタビューをしてきました!

場所は<渋谷駅>。

ここは街頭激戦区となっていまして、この日も3組くらいのテレビの街頭スタッフが見受けられました。自分がインタビューした人が、他の番組でも声を掛けられている姿をよく見かけます。(やっぱり話しかけやすい人って雰囲気で感じ取るよね)

今回のテーマは「自分の経験から、人に教えてあげたいこと」

色んな考えの人がいるなと、街頭をするたびに思います。
ご協力下さった皆さんありがとうございました。

そして、この街頭をした事でページへのアクセスも促せたらいいな!
拡散希望!!

 

What Did I Do ?

だんご三兄弟みたいな色をした鎌田です。
こんばんは。

こんなに黒くなったのは
2週前にリゾート地にいたからではなく、
さらにその2週前に千葉であそんだからです。悪しからず。

自分の黒さをだんご三兄弟に例えたのは
この話がしたかったから・・・

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

8cmシングルリリース!!夢が叶った。感謝🙏

Ichiro Yamaguchiさん(@ichiroyamaguchi)がシェアした投稿 –

8cmの短冊というと、
真っ先に思い浮かぶのが、「だんご三兄弟」なんですよねー。

サカナクション然り、私が朝つかせてもらっている番組でも
最近レコードをかけ始めたり
音楽の懐古主義を肌で、耳で、感じております。。。

これはイヤホンで聞いてほしい、というくらい
今表現できる最高の音質・音響設備・機材にこだわってる一郎さんが
アナログで出すということが胸熱ですネ
(まだロクに音楽知らない奴が生意気言っております)

 

かくいう私は、レコードより
「カセットテープ」に惹かれていた人間。

今年の頭あたりに、プレーヤー購入していたんですよ、実は。
どうせならば、とカセット、レコード、CDプレーヤーがついてる
なんでもござれ的なものを試しに。。。

まあ結論から言ってしまえば、
正直サブスク世代の私に、ひと手間かけて音楽を嗜むという習慣は
ほとんど身につかずなんですが(笑)

たまに針を落として、そして硬い再生ボタンを押し込んで
聞いています。(この記事書きながらも・・・)

そして、そして、話は戻って。
私が2週前にリゾート地にいたのは、
だんご三兄弟の一番上が挙式だったからなのです。

これ以上焼けたくなかったわたくし、
家族が海で遊ぶのを横目に、
ひとり、レコード屋に向かいました(笑)
「SALT」というおしゃれな建物に入っている
Hungry Ear Records』さんへ。

レコード選びに関して、
右も左もわからないので
もうお店の人に聞きましたよ。これが一番。
その時の恥ずかしい会話がこちら

What dose you recommend? 

hmm, What kind of music do you like?

Im looking for “local” music like “Jason Mraz”

okay…..

ちな、私が言いたかったのは
「Jason Mraz」ではなく「Jack Johnson」
(恥ずかしくて訂正できなかった)
仕方なし!good job 中学英語!

・・・・・・・・

しばらくして、店員の方が店内にかけてくれたのが
こちら。

 FILE_001

WHAT DO I DO / KALAPANA

70年代くらいのHawaiianなんだとか〜〜ALOHA〜〜〜!
(Jason Mrazに当てはまるかどうかは、店員も首を傾げいていた)
10月の現地のブルーノートにも出るらしい・・・
私が知らなかっただけで、hawaiian musicの代表枠とか。

世界は広いな〜〜〜〜〜〜。
おもろいな〜〜〜〜〜〜〜。

Mahalo〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

 

おしまい

 

 

ChillでHazeな夏。

どうも、ハニュウです。

前回少し触れた「Lo-Fi Hip Hop」について。

個人的に深掘りしていきたいので、今回もこれについて取り上げます。
作業用にもピッタリなのでぜひ聴きながらご覧くださいね。

 

Spotifyでも聴くことができます。

​この「Lo-Fi Hip Hop」というジャンルの音楽ですが、
こちらのウェブサイトに分かりやすく書いてあるので、
興味のある方は読んでみてください。

最初は↑のサイトの「代表的なビートメイカー」などから聴いてみても
いいかもしれませんね。

 

最後にぼくが最近よく聴いているフィンランドのビートメイカーの曲をご紹介。
daylight / idealism x aimless

夏の朝や深夜に合いそうな1曲かなと・・・。
この音楽はインターネットがメインストリームといえるものなので
SoundCloudで活動をしている人がかなり多いです。

YouTubeにもプレイリストが上がっているので
ヒマなときにチロっと聴いてみることをオススメします。

それでは。

猛暑に負けないクッキング

できれば一年中冬だといいな考える
断然冬派の海藤です。
連日の猛暑、いかがお過ごしですか?

我が家にはテレビがないので
情報収拾はネットニュースが頼りなんですが
ライブドアニュースで、先日こんな記事を見かけました。

 

確かにこの頃、外を歩いていて
タピオカを持って歩いている人と、タピオカのゴミに出会わない日は
ないと言っても過言ではありません。

私の家の近所にもついにタピオカ屋さんができ
ブームの爛熟期の気配を感じています。

私もブームに乗ってもちもちのタピオカを楽しむぞ〜!

といきたいところですが
どこも行列で、並んでいる間が暑い!
インスタ映えよりも暑さ対策が大切な私には
わざわざ並んでタピオカを飲む元気はありません。

…ならば!
前回の記事に「得意技:料理」と書いた手前
自宅でタピオカをやればいいのでは!?

----------

見た目も大事

せっかく自宅でやるなら、どこにもないようなものを作りたい。
そこで色に注目しました。

!!青!!

青は涼しくて、夏っぽさもあって、まさにぴったりの色。
しかし、青いタピオカは(本場台湾に)もう存在しました。

台北の永康街(ヨンカンジェ)にある”bobii frutii 珍珠水果特調”。
永康街はおしゃれな雑貨店や
小籠包で有名な鼎泰豐の本店もある人気の観光地です。


ならばもっともっとすごいもの!派手なものを!
…というわけで今回はタピオカパフェ(青)を作ります

----------

下準備をします


まずはタピオカ(主役)を青くするところからスタートです。
これを水で一晩ふやかすのですが…

今回は色をつけるので白いタピオカ◯◯◯

ここで青色の食紅を入れます。

製菓材料店などで売られているジェルタイプのもので
スーパーで見かける粉の食紅より強い色がつきます。

素晴らしい青です

一晩水につけたら、2〜3分茹でて完成です。
味がないと美味しくないので、お砂糖と一緒に煮ると◎

茹で上がって冷やしているものがこちら…

ちゃんともちもちで甘くて美味しいです

 

この食紅を使ってタピオカ以外の中身を作ります。
まずは、サイダーゼリー!

指も青くなります(なかなか落ちません)

ちゃんとシュワシュワしています。
これは見た目にも非常に爽やか。


続いてこちら、スポンジ部分!
(コーンフレークの入っているパフェは許さない派です)

早く焼けて失敗しないのでマフィン型で焼きました
(大真面目に作っています)

…役者は揃った!

----------

涼しさと美味しさ100点満点
これが猛暑に負けないクッキングだ…!


よりパフェらしくするために
生クリームとバニラアイス、さくらんぼを合体させて盛り付けます。

ヨッ!

やっぱり仕上げはさくらんぼだね!

青さが眩しい!けど涼しい!
お味の方も安心してください、美味しいです。
(5分で完食しました)

そして何より、冷房の効いた自宅で
並ばずにタピオカが!パフェが!食べられるというこの優越感
(おまけにバッチリインスタ映えもする)

タピオカは現在品薄のようですが
このパフェを真っ青にしてくれた食紅は
製菓材料店へ行けば簡単に手に入りますので
色から涼を感じたい方は是非!
青いパフェにトライしてみてくださいネ!


【追記】

自分のインスタグラムに投稿しました。

我ながら自信作なので…!

頂いたコメントは
「美しいけど美味しくはなさそう」

……うーんおっしゃる通り
(でも実際はちゃんと美味しいので…!)