このサイトについて

このサイトでは、大東文化大学准教授の山口謠司が、毎回「これは!」と思う本を音声で紹介していきます。
その他の本紹介はこちらから

山口謠司(やまぐちようじ)

1963(昭和38)年、長崎県佐世保市に生まれる。 現在、大東文化大学文学部中国学科准教授。中国山東大学客員教授。博士(中国学)。長崎県立佐世保北高等学校、大東文化大学文学部卒業後、同大学院、フランス国立高等研究院人文科学研究所大学院に学ぶ。ケンブリッジ大学東洋学部共同研究員などを経て、現職。中国山東大学国際漢学研究センター「全世界漢籍総合目録プロジェクト」日本代表。専門は、文献学、書誌学、日本語史など。また、イラストレーター、書家としても活動。
このサイトでは、大東文化大学准教授の山口謠司が、毎回「これは!」と思う本を音声で紹介していきます。
■山口謠司 plus LAUNCH BOOKS RADIO
その他の本紹介はこちらから

山口謠司のプロフィールはこちらから
2019.3.25 Update

昭和のサブカル雑誌「ビックリハウス」特集、ついにラスト!

昭和から平成、そして次の元号になろうとも、「幸せはセコくていい」「お金がなくても人は楽しめる」そんなビックリハウスのコンセプトは、現代人にとって変わらぬ大切な事ではないでしょうか。

前回までにご紹介した人々に加え、大槻ケンヂ氏、渡辺いっけい氏、デーモン小暮氏らも、かつて「ハウサー」と呼ばれたビックリハウスの読者でした。例え雑誌は無くなっても、スピリットは脈々と受け継がれています―
ビックリハウスよ永遠なれ!

#大槻ケンヂ,#渡辺いっけい,#デーモン小暮,# 榎本了壱, #高橋章子

■「ビックリハウス」(パルコ出版)Wikipedia
■「ビックリハウス 驚愕(びっくり)大全」(NTT出版)紀伊国屋ページ

次回更新は4月1日(月)予定。お楽しみに!

【3/27追加】次回予告ムービーUpdate!

写真左:辞書並みのボリュームの傑作選!「ビックリハウス 驚愕(びっくり)大全」 写真右:ビックリハウス創刊30週年を記念して発行された「ビックリハウス131号。刊行は2004年。
写真左:辞書並みのボリュームの傑作選!「ビックリハウス 驚愕(びっくり)大全」 写真右:ビックリハウス創刊30週年を記念して発行された「ビックリハウス131号。刊行は2004年。


【新入生・新社会人へ】アイデアを生む方法、教えます【第8回】


ビックリハウスの元編集者とマルチトーク!【第7回】
新しいエントリー
リスト
以前のエントリー