このサイトについて

このサイトでは、大東文化大学准教授の山口謠司が、毎回「これは!」と思う本を音声で紹介していきます。
その他の本紹介はこちらから

山口謠司(やまぐちようじ)

1963(昭和38)年、長崎県佐世保市に生まれる。 現在、大東文化大学文学部中国学科准教授。中国山東大学客員教授。博士(中国学)。長崎県立佐世保北高等学校、大東文化大学文学部卒業後、同大学院、フランス国立高等研究院人文科学研究所大学院に学ぶ。ケンブリッジ大学東洋学部共同研究員などを経て、現職。中国山東大学国際漢学研究センター「全世界漢籍総合目録プロジェクト」日本代表。専門は、文献学、書誌学、日本語史など。また、イラストレーター、書家としても活動。
このサイトでは、大東文化大学准教授の山口謠司が、毎回「これは!」と思う本を音声で紹介していきます。
■山口謠司 plus LAUNCH BOOKS RADIO
その他の本紹介はこちらから

山口謠司のプロフィールはこちらから
2019.4.15 Update

今回は緊急企画!先日発表された新紙幣について語ります。
今月9日、2024年から発行される新たな紙幣のデザインが発表されました。1万円札には渋沢栄一、5千円札には津田梅子、千円札には北里柴三郎が登場します。
それを記念して、
・そもそも「紙幣」って何?
・日本にはいつから紙幣があったの?
などのトピック…そして渋沢栄一の孫、渋沢敬三元大蔵大臣の言動から読み解く「国にとって何故紙幣が大切なのか」などなど、盛り沢山でお送りします。電子マネーが当たり前になった現代だからこそ、紙のお金の意味をもう一度考えてみませんか?

★バックナンバー「渋沢栄一伝」特集も是非お聴きください!
http://www.broadcasttokyo.com/lbr/index.php?permalink=319&loopnum=15

次回更新は4月22日(月)予定。お楽しみに!

【新紙幣】渋沢栄一の孫も紙幣にかかわりが・・・?!【第9回】
リスト
以前のエントリー